生活 病気

インフルエンザ予防接種は保険証なしでもOK?副作用についても調査

更新日:

hoken

こんにちは、ひろすけです。

今日は時期的な所で、インフルエンザについて書きたいと思います。

 

インフルエンザの内容については、
多くの方が知っているので、ちょっとマイナーなトコロを書こうかと。

それが、次の2点

1.インフルエンザ予防接種は保険証なしでOK?必要?

2.インフルエンザ予防接種の副作用はないのか

何となく、インフルエンザの予防接種は、
日本人の会社員であれば、かなりの確率で受けていると思います。

 

特に、同じ空間で多数の人がいる会社や、
お店などの場合は必須です。
私の知人がインフルエンザの予防接種を受けたことがないと言っていたので、猛烈に進めておきました。

特に、30代になったら確実に受けておく方が良いです。
だって、普通の風邪でもメチャクチャつらいのに、インフルエンザなんて死にますよ。。。

30代もしくは、28才以上のアラサーの場合は、

今まではゴリラ並みに体力があると思っていた自分が、

いつの間にかチワワレベルになります。。。

 

では、本題に行きましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

1.インフルエンザ予防接種は保険証なしでOK?必要?

早速、答えですが、
インフルエンザの予防接種は保険証なしでOKです。
人によっては、「保険証がない」という方もいるでしょうが、

保険証がなくても予防接種は受けられます。

(国民保険に加入していない場合も、もしかしたらあるかも知れません。

仮に持っていなくても、特に病院でも保険証の提出などは言われないので、問題ありません。

また、もしも保険証の提示をお願いされたら、「家を探したけど見つからなくて」でOKです)

 

案外知らない方も多いのですが、
・保険証がない(または、国民保険に入っていない)
・保険証が更新されていない
・保険証が行方不明

という方でも、インフルエンザの予防接種は受けられるので、ぜひ受けてください。

(私の個人的な考えでは、インフルエンザの予防接種をケチって、

実際にインフルエンザに感染した場合は、その2倍くらいは費用が掛かります。

また、お仕事を休む期間が長いので場合によっては、その月のお給料が減りますよね。

家計的には結構マイナスになる可能性があるので、予防接種はしておいた方が良いと思います)

 

保険証なしでOKの理由

保険証がなくてもOKな理由は、
インフルエンザなどの予防接種は健康保険が適用されないからです。
そのため、全員が10割負担となっています。

 

ですので、健康保険に加入している方も、
未加入の方も同じ料金で予防接種を受けることが出来ます。

 

「インフルエンザ予約時に保険証を持ってくるようにと・・・」

実際に、インフルエンザの予防接種を予約する際に、
保険証を持ってくるように言われることは良くあります。

これは、身分証明書で代わりが利きますので、
運転免許証やパスポートを持っていれば、
そちらを提示すれば問題ありません。

 

※ちなみに、「けんぽ」や組合によってはインフルエンザの予防接種で補助金がでる場合もあります。

加入している健康保険についてチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

アドセンス

2.インフルエンザ予防接種の副作用はないのか

続いて、インフルエンザの予防接種の副作用についてです。

一般的に沢山の方が受けているので、あまり心配していない方が多いですが、
「副作用ってないの?」
と思う方もいますよね。

一般的に副作用はあまりなく、

予防接種の注射をされた箇所が
・赤くはれる
・少し痛くなる
・発熱
・頭痛
・倦怠感

このような症状が副作用だそうです。

副作用が出ているのは、体の中でインフルエンザの抗体がつくられているためだそうです。
なので、短い期間ですが、我慢しましょう。

ちなみに、
「副作用でインフルエンザにかかることがある」
という都市伝説的なものがありますが、
インフルエンザの予防接種でインフルエンザにかかることはありません。

 

それはインフルエンザのワクチンは、
不活化ワクチンと呼ばれるものだからです。

不活化ワクチンとは、ウイルスの感染能力を無くしたものからワクチンを作っているものです。
そのため、感染することはありません。
もう一つ、ワクチンの種類があり、
「生ワクチン」というモノがあります。

こちらは、ウイルスの毒性を弱めたものを使うため、感染能力自体は持っています。
そのため、生ワクチンの場合は、体の免疫力が極端に低いと感染してしまう可能性があるようです。

スポンサーリンク

アドセンス

その他の予防接種

その他の予防接種をご紹介します。
予防接種を受けたいものがあれば、受けておくと良いかもしれません。
・ロタウイルスワクチン

・おたふくかぜワクチン

・インフルエンザワクチン

・A型肝炎ワクチン

・髄膜炎菌ワクチン

 

ざっくりとした感じですが、以上です。

インフルエンザは辛いので、しっかりと対策は取っておきましょう。

 

関連記事も書いていますので、ご覧ください。^^

>インフルエンザ予防接種の時期はいつがベストか。効果期間を踏まえて考察する<

 

>インフルエンザ予防の食べ物と、その他予防方法<

アドセンス

アドセンス

-生活, 病気
-, , ,

Copyright© WMH(World Media Hirosuke) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.