旅行 東南アジア 海外旅行

シンガポール旅行記1日目:深夜の羽田便で食べ歩き(ラクサ・チリクラブetc)

更新日:

シンガポールへ深夜の羽田便で行ってきましたので、
記事にしておきたいと思います。

羽田空港の出発は、深夜1時でした。
私が到着したのは、20時30分くらいでして、
そこから荷物を預けて、Wifiを借りて。

 

(今回も、イモトのwifiです^^)

ご飯を食べて、手荷物検査を受けて。

出国手続きをした後に、
外貨交換をしておきました。
シンガポール現地についてからの方がレートが良いと言われますが、
探したりするのが面倒なので、
日本国内で両替していきました。
私的には、外貨交換は国内で済ませておくのがおすすめです。
※約3万円を外貨交換しました。
(最終的に、現金は2.5万円使いました。
あとは、全てカードで払いました。)

とやっていました。
若干時間に余裕がありすぎましたが、
バタバタと慌てて出発するよりかは良いと思います。

無事に、飛行機に乗って出発。
今回は、JAL便で行きました。
機内食は軽食1回(ミルクパン)と、朝食1回でした。

朝食は、クロワッサンと、オムレツ等。
なんとなく、クアラルンプールやUAEに行ったときに比べると、
レベルが下がった気がしますが、
何気に美味しかったので気にしません。

スポンサーリンク

アドセンス

シンガポール到着

早朝に、チャンギ空港に到着し、
送迎バスでデイズ・ホテル・シンガポールへ。

※ここからは、シンガポールの話なので、$=シンガポール$として書いています。

このときのレートは、1S$=約80円

 

ホテルのチェックインは、15時からなので、
それまで時間を潰すことになりました。
ひとまず、荷物を預けます。

その後は、ホテルの周りをぐるっと探索し、
中山公園(ゾンシャン・パーク)を発見しました。

都市部から外れてはいますが、中々良い所でした。

東南アジア感がかなりある地域だったので、異国感も結構良いです。


直ぐ側に、ゾンシャン・モールという小さめのモールがあり、
フードコード、スーパー、コンビニと大体のものが揃います。
ゾンシャン・モールの2階には、
Faire Storeというスーパーがあり、
バラマキ系のお土産はココが良さそうでした。
※クッキーの種類が豊富だったので

その他、コスメなどもあり、
シンガポールで有名なコスメは、一通りおいてあります。
ただし、Ellipsなどはなかったです。

1階のフードコートでは、
海南チキンライスが食べられます。
シンガポール有名なローカルフード。
安くて美味しいので、おすすめです。
5$(約400円)なので、旅行での一食代としてはお手頃です。

 

あと、ラクサを食べました。

シンガポールで有名なローカルフードです。

パクチーが好きな人は好きそう。ただ、麺は日本が美味しいです。

スポンサーリンク

アドセンス

MRTにチャレンジ

その後は、MRTにチャレンジです
MRTでの購入が意外とむずい・・・
MRTは2$、5$しか使えないので、
小さなお金を持っていないと券売機でチケットを変えません。汗

 

全然わからなくて、
クレジットカードで買おうとしたりしましたが、
全く買えず、駅員さんに「買い方が分からん」と伝えました。
(そのタイミングで両替をしてくれました)

 

その後、再び券売機でチャレンジ。
何故か、紙が出てきました。
「スタッフにこの紙を見せろ」と。

そうすると、再び2$を渡され、
違う券売機で試してみてと言われました。
そこでようやくチケットを発券。

このチケットは、厚紙みたいなやつですが、
6回まで繰り返し使用できます。

シンガポールは暑いので、ポケットに入れておくと、
汗で湿ってきますが、中々便利です。

今回は、MRTの乗り換えをしたりと色々と経験出来ました。


ようやく、目的地のリトル・インディアに到着。

リトル・インディアでは恒例のボッタクリに 笑

私は11月末から忙しくて、
シンガポールの下調べは、あまりせず行ってみました。
本当であれば、色々調べておいたほうが楽しく効率的に旅行できて良いと思いますが。

 

リトルインディアでの私の目的は寺院です。
これは、超有名でリトル・インディアに行ったら、
絶対見るべきポイントです。
適当にあるいていたら見つかりました。
ラッキーです。

せっかくなので、靴を脱いで中に入ってみます。
結構すごい!


異文化感が強い!
実際にお祈りをしている人を見ることができ、貴重な体験ができます。

その後、街をプラプラ歩き、
お土産屋さんを確認。
お土産は結構やすくて、
リトル・インディアでお土産を買うのはおすすめです。
(それか、別記事で書きますが、チャイナ・タウンが良いです)

ご飯を食べようと思っていたのですが、
看板すら読めない文字だったので、
お店には入らずに、移動することにしました。

その際に、おじいさんに英語で話しかけられて、
パシュミナの話を聞きました。
パシュミナも種類があり、安いものから高いものがあると。

あーだこーだと話したあと、
「70$でどうだ」と。

いや、高いよ!と言うと
「45$でどうだ」と。

いやいや、結構だよ!と言うと、
いくらならほしいと言われ、
電卓に「10」と打つ。

「それは無理だよ」みたいな事を言われ、
「18でどうだ」と。

買わない選択肢もあったのですが、
シンガポール訛りの英語をたくさん話してくれたので、
まあ、買っても良いかなと思い、16$で買うことにしました。
おじいさん若干渋い顔だったけど。。。

その後、リトル・インディア駅に戻り、
駅前の店舗を見ると、
似たような商品が8$である。。。

マレーシアに引き続き、
やはり値段が書いていないお店は、
ボッタクリ店の可能性が高いので、
むやみに入らない方が良いですね・・・

続いて、先ほど買ったMRTチケットにチャージをして、次に向かいます。

スポンサーリンク

アドセンス

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで至極のチリクラブ

その後、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ移動し、
自然を満喫します。
有料ゾーンのクラウド・フォレストなどは、
今回は時間もかかるので行きませんでした。

無料で見れる箇所でも十分楽しめます。

広いので、歩き疲れますが、写真を撮るものも沢山あるので楽しいです。

こちら、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの定番のやつです。

これは、花時計?というのかな^^;

ライオンがありました。

一番始めに送迎バスで、
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの「冠華」というお店が、
おすすめと教えてもらっていたので、「冠華」へ行ってきました。

外は、こんな感じです。

 

とりあえず、ビールとチリクラブです。

まずは、チリクラブの殻を壊すやつが出てきます。

※チリクラブを食べるなら日本からウェットティッシュは持って行った方が良いです。

タイガービールで一人乾杯です。

チリクラブは2人前しかメニューに無いので、
2人分頼もうとしたのですが、
1人前も可能だそうで、1人前でお願いしました。
(2人分より割高です)

 

チリクラブは出てくるまでに、ビール半分くらい飲めます。笑

そして、ブレッド(パン)も注文しました。
パンは揚げ(Fried)と、蒸し(Steam)があるのですが、
確実に蒸しが良いです、
スチームですが、感覚的にオーブントースターで焼いた感じです。
揚げたパンだと、若干胃もたれしそうです。
(屋台でのチリクラブの場合は、Fried Breadが出るみたい?)

このお店のチリクラブとパンの組み合わせは、
マジで美味しかったので、ぜひ食べて欲しいです。

ちなみに、最終的にビール3杯でフィニッシュです。

夕方は一旦お店が閉まるので、ご注意を!

※長くなってしまったので、次の記事に続きます。

アドセンス

アドセンス

-旅行, 東南アジア, 海外旅行
-, , ,

Copyright© WMH(World Media Hirosuke) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.