生活

「新居に入った時にするべきこと」を不動産屋さんから聞いた話

投稿日:

こんにちは。
先日、事務所を借りました。
久々の東京住まいです。^^

今回は、事務所として探していたので、
物件のこだわりがほとんどなく、
どちらかと言うと、初めは予算を限りなく抑えるつもりでした。

が、めちゃくちゃ良い立地に物件が見つかったので、
余裕で予算オーバーでしたが、即決しました。
その分、働かないといけないですね^^

さて、今回は新居に入った時にすべきことを、
不動産屋さんに聞いたので、備忘録として残しておこうと思います。

もちろん、普通に新居のあいさつとか、
荷ほどきとかもすべきことですが、
他の記事では書いていないような事をメインに書こうと思います。
※みんな書いている内容は、あまり書かなくてもね・・・

スポンサーリンク

アドセンス

1.バルサン

個人的に一発目でモノがないからこそやっておくと良いのが、バルサンです。^^

新築、タワーマンションを除いて、
基本的にやっておいた方が精神衛生上良いと思っています。

私の経験では、
ホテルライクなタワマンは虫を見ません。
普通のファミリーマンションはめちゃ出る。

戸建ては新築でも虫や、Gが出る。
テラスハウスの新築も近隣住宅から虫が出やすい。

という感じなので、
出来ればやっておいた方が快適だと思います。

ちなみに、私は蜘蛛とカエル以外は基本大丈夫です^^

2.入居時現状確認

大手不動産会社の管理物件などではない場合は、
クリーニングが雑であったり、
クリーニングしたのかな?と思うような場合もあります。

また、補修されていない傷などがある場合もあります。

ご自身が付けた傷でなくても、
退去時清算対象となることもあるので、
入居時現状確認を行い、大きめの傷などは報告を上げるようにしておきましょう。

これは結構重要なので、
ぜひやってもらいたいです。

スポンサーリンク

アドセンス

3.エアコンをつける

季節に関係なく、エアコンを2、3時間付けてみて欲しいです。


特に冬入居の場合は、エアコンを使い始めるまで、
半年程度間が空く可能性があります。
※冷房の話です

その際の水漏れなどは、入居時であれば、
管理会社負担対象となりますが、
入居後時間が経っている場合は、
場合に寄っては入居者負担での対応となる可能性があります。

なので、これも出来れば確認してほしいです。

4.転送届の提出

郵便局に置いてある転送届を記載しましょう。

こちらは、前住所の郵便物を1年間転送してくれるサービスです。
なので、昔の住所に届いてしまう郵便物は、
転送不要書類を除いて、1年間は転送されるようになります。

転送不要書類は、本人確認が必要な書類で、
新しいクレジットカードなどが該当します。

また、頻繁に引っ越ししている方は、
転送届を複数枚書けば、
前の前の住所の郵便物も転送してもらう事が可能です。

一応、転送届の説明に書いていたと思うので、
記載しておきますが、
転送届の期間が終わりが近づいたら、
再度転送届けを出すと、もう1年延長されるようです。

スポンサーリンク

アドセンス

5.ハザードマップ確認

東京であれば、
津波発生時のハザードマップや、
液状化時の予想マップなどが、
区のホームページに存在します。

普段は問題ないですが、
新しく住む場所がどういう地形なのか、
どういう特徴があるかは、知っておくに越したことはないと思います。

特に東京は、
地盤や弱い場所や強い場所が分かれていますので^^

後は、一般的な

免許証、マイナンバーの書き換え、
クレジットカード、支払いの住所変更あたりをパパッと済ませておきたい所ですね^^

需要があれば、追記します^^

以上です。

アドセンス

アドセンス

-生活
-, ,

Copyright© WMH(World Media Hirosuke) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.