旅行

クアラルンプール@マレーシアの気候・服装について

更新日:

※一番下にクアラルンプール旅行記のリンクを追加しました!

実際に行ってみて感じた事や、ネットで書いている情報とは異なった点などを書いていますので、参考にしてもらえればと思います!

-----------------------------

こんにちは、ひろすけです。

私はGW過ぎの5月中旬に、

クアラルンプール@マレーシアに旅行に行く予定です^^

kuala

ですので、

下準備としてクアラルンプール&マレーシアについて、

調査?することにしました^^

スポンサーリンク

アドセンス

マレーシアへの渡航はビザ(VISA)はいるの?

私はハワイ、グアムあたりしか旅行に行った事がないので、

気にしたことはほぼないのですが、

知人に話をしたら、

「KLってビザ(VISA)いるの?」

という質問が。

「いやいや、知らんがな」

というわけで、調べました。

visa
日本国籍のパスポートを持つ人が

マレーシアに入国する場合は、90日間以内の滞在は、

ビザ(VISA)が免除されます。=ビザ不要

 

ただし、パスポートの残存期間が6か月ないとダメでして、

仮に、マレーシア渡航時に

パスポートの残存期限が6か月以内になる場合は、

パスポートの更新が必要です。

スポンサーリンク

アドセンス

マレーシアの税制を知る

やはり、渡航した先の国では、

渡航した国の法律に従うので、調べておかないといけません。

なぜなら、マレーシアは法律に厳しいところもあり、

死刑になる確率もゼロではないからです。

 

1.麻薬等は死刑

マレーシアは麻薬に対して、非常に厳しい国です。

麻薬保持での入国は所持料によっては死刑となります。

komugi

※画像は小麦粉ですw

 

実際に、邦人女性が死刑されました。
日本にいれば、麻薬を持つこともないので、

大丈夫だと思われます。

荷物の運び屋?的なものを頼まれた場合、

クアラルンプール空港あたりで見つかり死刑になる可能性もありますよ。

ご注意ください。
(何を注意・・・w)

 

2.タバコやわいせつ雑誌で30万円の罰金

マレーシアはもともと、ポルノ系に非常に厳しい国なのですが、

近年、たばこの広告も禁止されています。

tabako
ですので、雑誌などで、

たばこの広告があるモノを持ち込むと罰金となります。

雑誌を持ち込む場合は、そのようなページは切り取っておきましょう。

※人によっては名残惜しいかもしれませんが。。。w

 

シンガポールの税制を知る

マレーシアからシンガポールは非常に近く、

マレーシア→シンガポールという旅行プランは良くあります。

ですが、シンガポールの法律は非常に厳しいです。

軽くまとめましたので、チェックしておきましょう。

 

1.チューイングガムの持ち込み、使用

チューイングガムは有名ですよね。シンガポール国内では売っていません。
うっかり持ち込むだけでも罰金ですので、お気をつけて。

gam

2.MDT内での飲食

MDTは電車です。電車内飲食は禁止です。

 

3.横断歩道、歩道橋以外の場所での横断

正確には若干違うのですが、こう認識しておく方が間違いありません。

 

4.ごみのポイ捨て

まぁ、これはしないでしょう。

 

5.つばやタンをはく

「かーーー!!!」とやる方は注意。
カルピスの原液は、シンガポールでは飲まない方が良いですね。

 

6.喫煙場所以外での喫煙

これは日本でマナーを身に着けていれば安心

 

7.トイレの後の水の流し忘れ

これも罰金だそうです。

スポンサーリンク

アドセンス

「クアラ」ってどういう意味?

こちらは雑学的なものですが、

マレーシアの地名には、

よく「クアラ」という単語が出てきます。

これはマレー語で、

「合流する場所」を意味するようです。

そして、「ルンプール」は「泥の川」だそうです。

 

 

ですので、

クアラルンプール=泥の川が交わる所

という感じでしょうか。
そして、クアラルンプール内にチャイナタウンという場所があるのですが、

その近くが「ゴンバ川」と「クラン川」の合流地点があり、

これがクアラルンプールの語源となっていると言われています。

kuaralumpur

※画像見えるかな?

 

ちなみに、私もクアラルンプールのことを

「クアラ」と言っていましたが、

正確にはKL(ケーエル)というみたいです。
クアラというと、前述の合流する場所となります。

クアプーという方もいますが、

日本内ならまだしも、マレーシアでは意味不明となります。
※マレーシアのクアラルンプール市内では、

KLセントラルとか、KLがちゃんと使われています^^

 

クアラルンプール@マレーシアの気候は?

ようやくタイトルの件ですね。

ここまで非常に長かったです。

 

 

マレーシアと言っても広いので

今回はクアラルンプールに絞ってお話しします。

※ちなみに、そこまで大きな違いはありません。
マレーシアは1年を通して、

気温の変化がほぼありません。

最高気温:34度
最低気温:25度

という感じです。

ただし、湿度は70~85%くらいの変動があります。

雨のタイプはグアムなどと同じく、

スコールでして、にわか雨という感じで降るみたいです。

 

クアラルンプールやペナン島は、年中いつでも観光に向いています^^

クアラルンプール@マレーシアでの服装は?

気温、湿度が高いので、通気性の良いカジュアルな服装が良いそうです。

靴もサンダルを持っておきたい所。

※朝夕やホテル、レストランは冷房が効いていますので、

長袖の羽織るものがあれば、安心です。

 

また、日差しが強いので、日焼け止めは必須です。

hiyake sung
さらに帽子・サングラスは欲しいところです。
マレーシアはイスラム教国ですが、
旅行者に対しては服装の制限はないみたいです。

ですが、モスクや寺院を見学する際は、
露出が多い服装はNGだそうです。
そこは、宗教の習慣に従いましょう!^^

 

スポンサーリンク

アドセンス

マレーシアの日常生活における疑問

海外旅行では不安はつきものですし疑問も沢山出てきます。

その一部をまとめました!

1.マレーシアの時差は?

日本との時差は1時間です。
※日本が1時間はやい

2.マレーシアの通貨は?

通貨は、マレーシア・リンギットとマレーシア・セン

それぞれ

リンギット=RM
セン=SEN

と表記されます。

1リンギットは100セン

1リンギットは30円くらいです。

紙幣は

100リンギット=約3000円

50リンギット=約1500円

20リンギット=約600円

10リンギット=約300円

5リンギット=約150円

1リンギット=約30円

これはUSドルに近い感覚ですね。
USドルの1/3の感じかなぁ

 

3.クレジットカードは使える?

マレーシアでのショッピングは大体クレジットカードが使えます。

そこは問題なさそうです^^

 

4.マレーシアには所費税はある?

消費税は6%だそうです。
※日本より安い

 

5.マレーシアはチップは必要?

マレーシアは基本的にチップは不要です。

 

6.マレーシアの電圧は?

マニアックですが、重要な事です。

電圧は220ボルト。

基本的に携帯電話の充電器などは240ボルトまで対応できるので問題なし。

※ちなみに、日本の電圧は100ボルト。USAも120ボルトくらいです。

※台湾、カナダ、USA以外は200ボルトくらいが当たり前です。
使用機器の使用可能電圧がAc100~240Vと書いているものは、

変圧器なしで国内・海外で使用できます。

パソコン・携帯電話はそうなっているはずです・

バッテリーなどに書いているのでチェックしてください。

 

ちなみに、ヘアアイロンなどは変圧器がないと壊れます。
ダウントランスの変圧器を使ってください☆

スポンサーリンク

アドセンス

クアラルンプール@マレーシアで行きたいところ

完全に私の行きたい所です。すみません。w

1.国立モスク@クアラルンプール駅あたり

kokuritu

定番の観光地だそうです。

クアラルンプールに行くなら行くべしです!

時間によっては、観光客は入れない時があるので、調べていくべし!

外を観光するだけなら、いつでもOK!

 

2.マレーシア・イスラム美術館

musiam

ここもKLセントラル駅から近いみたい。

※KLセントラルの隣、クアラルンプール駅から近い場所でした。

イスラム美術館です。

異文化ギャップを受ける場所らしいです。^^;

ちなみに、レストランが昼は開いていないので、営業時間を調べていくべし!

 

3.バトゥ洞窟

batu

日帰りツアーがあるそうです。
治安も良くなってきているそうなので、行ってみたいところです^^

※実際に行ってきましたが、この金の像は写真映えします!

あと、サルが多くてスマホとか飲み物は取られないように注意が必要。

他の観光客と引っ付いて行動すると安全かも。

 

4.マスジット ジャメ

masu

ここは旧モスク。前述の国立モスクは新モスクです。

昔ながらの宮殿のような建物はぜひ見たい!

超・観光スポットです^^

 

5.ムルデカ・スクエア~独立広場~

murudeka

超・有名スポットです。

 

6.スリ・マハ・マリアマン寺院@チャイナタウン

jiin

寺院です。ここは確実に写真スポットでしょう。

いってみたい・・・

 

 

長くなりましたが、

そんな感じでしょうか^^
また、何かあれば追記しますし、

クアラルンプールに行ったら、

体験記事を書こうと思います^^
それでは、また~☆

 

クアラルンプール旅行 関連記事

クアラルンプール旅行記です。

初日は、羽田→クアラルンプール国際空港。

ブキビンタンのホテルへ移動という感じです^^

 

> クアラルンプール旅行記1-1(ブログ)inマレーシア <

アドセンス

アドセンス

-旅行
-, ,

Copyright© WMH(World Media Hirosuke) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.