生活

離婚時の財産分与対象に医療保険はなるのか?

更新日:

hoken

離婚する際には、財産分与が行われますが、
その際に論点となりやすい生命保険は財産分与対象となります。
生命保険は解約返戻金があるため、
財産分与としては確実に対象となります。

医療保険の場合は、
解約返戻金などもないため、
財産分与の対象とは、ほぼなりません。

 

ここは、かなりポイントと思っていますので、
少しお伝えさせて頂きます。

ちなみに、今回の件は知人からの依頼がてら、
備忘録として残しておこうと思った次第です。

・医療保険は財産分与対象とならない

・終身医療保険のメリット

それではお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

医療保険は財産分与対象とならない

医療保険は解約返戻金なども基本的にないため、
離婚時の財産分与の対象とはなりません。

 

逆に言えば、
定期タイプの医療保険ではなく、終身タイプの医療保険に、
入っておくことは、かなりのリスクヘッジだと思われます。
終身保険は払い込み期間が終われば、
その後は支払いなしで、有事の時は保険を受けることが出来ます。

財産分与対象とならないので、
自分に有利なように保険内容を設定しておくことが出来ます。

 

また、離婚後は、
独り身となる場合は、どうしても仕事に熱中したり、
食生活が外食メインになったりと、
変わってくることも想定されます。
そうなると、病気や体調不良などの可能性は高くなりますよね。
そういった意味でも、終身型の医療保険はかなり有効な手段ではないでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

終身医療保険のメリット

私がお勧めしている終身医療保険のメリットは、

・保険料が一定のため、20代で入ればトータルで安い

・財産分与対象外となる

・払い込み完了後、生涯保険となる

掛け捨ての定期保険の場合、
定年後の保険料は、非常に高くなります。

また、長生きすればするほど、保険を払い続ける期間が長くなり、
トータル支払い額はドンドン増えていきます。

医療の進歩や、平均寿命が延びている現代社会では、
終身型の医療保険は選択肢としては、非常に優れているものだと思います。

まとめ

・医療保険は財産分与対象とならない

・終身医療保険のメリットは払い込み後も生涯保険対象

 

保険は、有事の時のものであり、
貯金をする事で賄える部分もあると思います。

 

貯金をする方が向いている方は、
貯金で対応し、そうでない方は医療保険を活用してはどうでしょか?

 

また、今回は財産分与と絡めた話しなので、
私的には、
「貯金となると財産分与対象となるため、
少額でも良いので終身医療保険に加入する」ことをお勧めします。

アドセンス

アドセンス

-生活
-, ,

Copyright© WMH(World Media Hirosuke) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.