生活

簿記3級合格のコツとポイントの備忘録

更新日:

こんにちは、ひろすけです。

今更ですが、今年、私は簿記3級の受験をすることにしました!

what

で、6月に一回目の簿記の試験があったのですが、

残念ながら5点くらい足りませんでした。

簿記試験の2週間前から本格的に勉強を始めたのですが、

間に合いませんでした。。。

 

3週間前くらいからやっていたら、

どうにか受かっていたかも知れません。。。

 

今回も何だかんだ言って、後2週間で試験です。。。

ですが、2回目という事もあり、絶対に受かりたいです。
というわけで、

簿記3級合格に向かてのコツやポイントをまとめておきます。

要は、私の簿記試験当日の電車などで、

ちょっと復習するためのモノですね。^^;

少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

アドセンス

簿記3級合格のコツとポイント

top

■小切手を振り出したら「当座預金」

商品100円を仕入れ、代金として同額の小切手を振り出した

仕入れ 100  当座預金 100
■小切手を受け取ったら「現金」

ただし、自己振出の小切手を受け取ったら当座預金
(あまり無いケースですが、頭の片隅に)

貸付金4000円の返済として、他人振り出しの小切手を受け取った

現金 4000  貸付金 4000

※他人振出小切手、送金小切手、郵便為替証は「現金」
これらは銀行ですぐに現金化できるので現金という扱いです。
■小切手発行時に残高が足りない時の不渡りを避けるため、
 当座借越というものがある(当座借越契約が必要)

例えば、当座借越契約をした上で、
当座預金200円しかない時に300円の小切手を振出す

備品 300  当座預金 200
       当座借越 100

その後、現金500円を当座預金に入れた

当座借越 100  現金 500
当座預金 400
■原価の金額は簿記には関係ない

原価10000円の商品を15000円で販売し、代金は小切手で受け取った

現金 15000  売上 15000
■利息計算は年利を365で割って計算する

500円の貸付金を年利5%で現金で受け取った。
貸付期間は73日だった。

73÷365=0.2

500円×0.05(5%)×0.2 = 5円

ちなみに、

貸付金の場合は、受取利息
借入金の場合は、支払利息
■発送費の扱い

売主負担の発送費は「発送費」
買主負担は「立替金」

 

スポンサーリンク

アドセンス

■預り金の扱い

「預り金」:源泉所得税や社会保険料がある。

従業員の給料800円から源泉所得税100円を差し引き、
手取金を当座預金から振り込んだ

給料800円  預り金 100
      当座預金 700

その後、源泉所得税を現金で支払った

現金100  預り金 100
■手形の扱い

約束手形を振り出して支払う場合は「支払手形」

100円の商品を仕入れ、手形を振り出して支払った

仕入れ 100  支払手形 100

その後、手形が引き落とされると

支払手形 100  当座預金 100

※手形は常に「当座預金」から引き落とされる
受取手形の場合は

受取手形 100  売上 100

となる。

スポンサーリンク

アドセンス

 

■固定資産について

勘定科目:土地、建物、車両、備品(イス、事務机etc)

固定資産の「付随費用」は固定資産に含む。
整地費用、据え付け費用、試運転費などがある。

商品陳列棚を5000円で買い入れ、代金は引き取り運賃100円とともに現金で払った

備品 5100   現金 5100
固定資産の売却益、売却損は、
「固定資産売却益」、「固定資産売却損」という。
■元入れ

商売を始めたときに資産などを事業に使う事。
資本金として処理をする。

現金5000円と備品2000円を元入れして事業を開始。
銀行に対する借入金が1000円ある。

現金 5000   資本金 6000
備品 2000   借入金 1000
■租税公課について

固定資産税、事業税、印紙税などの税金は「租税公課(費用)」として処理する。

固定資産税60000円を現金で納付した。
事業用固定資産に係る部分が20000円であり、
居住用固定資産に係る部分が40000円である

租税公課 20000   現金 60000
引出金  40000

スポンサーリンク

アドセンス

■決算整理仕訳

期首商品棚卸高:仕入   XXXX   繰越商品 XXXX
期末商品棚卸高:繰越商品 YYYY   仕入   YYYY
■精算表作成手順

1.決算整理仕訳をする(繰越商品の金額)

2.整理記入欄へ転記
勘定科目がない場合は追加
※大体が「仕入」となります。

3.資産、負債、純資産の金額を貸借対照表欄へ

4.収益、費用を損益計算書欄へ

5.当期純利益を追加
勘定科目欄へ当期純利益を追加(忘れやすいので注意)

6.当期純利益を、損益計算書の借方と
貸借対照表の貸方へ記入!

これで完成☆

 

■減価償却について

簿記3級では、減価償却の方法は「定額法」のみが出題範囲です。

「減価償却費=(取得原価ー残存価額)÷耐用年数」
車両:取得原価1000円 残存価額は取得原価の10% 耐用年数は10年

(1000-1000×0.1)÷10 = 90

減価償却費は90円となる。
・直接法

減価償却費 XXXX   建物 XXXX

・間接法

減価償却費 YYYY   減価償却累計額 YYYY

 

長くなったので、別記事にしました!

> 簿記3級合格のコツとポイントの備忘録(続き) <

アドセンス

アドセンス

-生活
-, , ,

Copyright© WMH(World Media Hirosuke) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.