生活 病気

【インフルエンザ予防接種】妊娠中(妊婦)の方に影響はないのか調べてみた

更新日:

matani

インフルエンザ予防接種の記事について書いていて、
素朴な疑問でありながら、意外と書いている記事がなかったので、記事にしました。

 

インフルエンザ予防接種は妊娠中(妊婦)に影響はあるのか

早速の結論ですが、インフルエンザの予防接種で使用するワクチンは、
不活化ワクチンと言う、感染機能を失わせたウィルスを使用しています。
そのため、インフルエンザの毒性はありません

妊娠中の方でも、インフルエンザ予防接種で影響が出ることは、
限りなく低いとされているため、妊婦さんが希望する場合は、予防接種を受けることが出来るようになっています。

 

スポンサーリンク

アドセンス

妊娠中(妊婦)の方はインフルエンザの予防接種を受けたほうが良いという意見も

妊娠中にインフルエンザに掛かってしまった場合に、
赤ちゃんへの影響を考慮して薬の投薬などが制限されるため、
ベストな治療が出来なくなってしまいます。

結果として、インフルエンザが長引いてしまったり、
家族に感染してしまうケースも多いようです。

治るまでに時間がかかってしまうので、
出来るだけインフルエンザ予防接種をして予防する方が良いと意見もあります。

 

インフルエンザの薬としてタミフルなどが有名ですが、
妊娠中に投薬して、完全に安全であるかどうかは確認されていないそうなので、
出来れば、そういった可能性があるものは避けたい所です。

 

既に子供がいる場合は、予防接種がおすすめ

free

特に、子供が幼稚園、小学校など、
多数の人と触れる環境にある場合は、
子供がインフルエンザを運んできてしまう事もあります。

もちろん、子供にインフルエンザ予防接種を受け刺されて、
予防に努めてもどうしても、持ち込んでしまう可能性はあります。
※その他、旦那さんとか
ですので、子供がいる場合や旦那さんが、
家で仕事をするような職種ではない場合は、
予防接種は受けておいた方が良いそうです。

スポンサーリンク

アドセンス

防腐剤入りのインフルエンザワクチンについて

気にする方はトコトン気にすると思いますが、
ワクチンには防腐剤入りのわくちんがあります。

「これは妊娠中でも問題ないのか?影響はないのか?」
と気になると思います。

防腐剤入りのワクチンで予防接種を受けても、
すぐに体外に排出されるため、影響はないとのことです。

その他、防腐剤入りワクチン特有の副作用もないそうなので、問題はないそうです。

 

今日は短いですが、以上となります。

 

その他の関連記事のご紹介です。

インフルエンザの予防接種をいつ受けるべきなのか。
答えは予防接種の効果持続期間にありました!

> インフルエンザ予防接種の時期はいつがベストか。効果期間を踏まえて考察する <

インフルエンザの予防接種は保険証なしでも良いのか調べました!
また、予防接種の副作用についても調査しました。

> インフルエンザ予防接種は保険証なしでもOK?副作用についても調査 <

 

インフルエンザを予防するための方法と食べ物をまとめてみました!
食べ物での予防は、忙しい方でもできるのでお勧めです。

> インフルエンザ予防の食べ物と、その他予防方法 <

 

アドセンス

アドセンス

-生活, 病気
-, , ,

Copyright© WMH(World Media Hirosuke) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.