生活

PCやスマホのブルーライトは子供や睡眠へ影響する?

更新日:

こんにちは、ひろすけです。

最近はすっかり寒くなり、まさに冬の訪れを実感しております。^^;

今タームのドラマでは、

久々復帰の菅野美穂さん主演の「砂の塔」が面白そうです^^

sunatou

最凶の隣人役である、松嶋菜々子さんの役柄も素敵ですね。

ひっそりと近寄ってくる恐怖をうまく表現している気がします。

ちなみに、砂の塔は原作はなく、

完全オリジナルのドラマだそうで、

原作がないので、ネタバレなども出てきておらず、

非常に展開が気になります。^^

毎週金曜日欠かせません!

 

スポンサーリンク

アドセンス

その他では、「逃げるは恥だが役に立つ」も非常に面白いです^^
新垣結衣と星野源主演の「契約結婚」をテーマにしたお話しです。

aragaki

契約結婚とは、お互いの利点を得るために、

結婚するものでして、女性は働かなくてOKだったり、

男性は家事を任せられたりと

双方にメリットがあるため契約する結婚です。
まぁ、ひょんなハナシです^^
前置きはこの辺で、

そろそろ本題に入っていきます^^

まぁ、先に結論を言ってしまうと、

ブルーライトカットのフィルムを買いました。笑

img_4429

スポンサーリンク

アドセンス

PCやスマホのブルーライトは睡眠へ影響?

私はかなりのPCユーザーであり、

一日の内10時間くらいはPCを使っています。

という事は、それだけPCのディスプレイを見ている事になります。

そんな中、ブルーライトカットのスマホフィルムを貼ると、

絶大な効果があるというお話を聞きました。^^
「そんなフィルム一枚で、どうにかなるもんですかな?」

と思いまして。。。笑

 

そもそも、ブルーライトとは何ぞや?

こちらから調べてみる事にしました。

20836

※ブルーライトとは・・・

「可視光線の中で最も強いエネルギーを持つ光」だそうです。

分かりやすく言うと、

紫外線に非常に近い波長の光です。

パソコンやスマホなどのLEDディスプレイや

LED照明には、このブルーライトが多くあるそうです。

 

 

ブルーライトと他の光の違いは、

ブルーライトはエネルギーが強く、

人間の目の角膜や水晶では止まらずに、

網膜までたどり着いてしまいます。
さらにブルーライトの影響を調べてみました!

 

ブルーライトの影響は?

一般的なよく言われている睡眠について。
影響は複数あり、

1.睡眠障害

2.肥満

3.癌

4.精神状態
と様々な影響があるようです。

 

 

むむ!肥満や癌にも影響あるのか・・・

(だから、最近太ってきたのかな・・・汗)
※重要

ブルーライトの量が多いモノのトップは、

スマホ&ゲーム機です(PSPとか)

スマホもそうですが、ゲーム機もディスプレイが非常にキレイですからね。

気を付けるべきだと思います。
その下に、

PC、そして液晶テレビが続いてきます。

ですので、一番注意すべきなのは、「スマホ」ではないでしょうか?

 

しかも、PCに比べても近い距離で見ることが多いので、

余計に真剣に考える必要があります。

i-pho

1.睡眠障害

生物は光によって、体内時計が調整されています。

なので、夜にホルモンがでたりという仕組みが出来ているわけです。

a307

ですが、常に明るい光を受け続けることで、

その体内のリズムがくるってきます。
その結果、自律神経や内分泌などに影響を与えます。

そして、睡眠の質が低下したり、寝付けない。。。

という症状がでるそうです。

ちなみに、朝の体内時計をセットするのはブルーライトと言われています。

つまりブルーライトが強いと、朝。

弱いと夜と認識するよう体が出来ているそうです。
2.肥満

何やら、実験ではブルーライトを浴びる生活をしている人の方が、

太りやすいんだとか。
3.癌

癌発生に影響するのは、

自律神経の乱れなどが影響していると言われているそうです。

4.精神状態

2013

自律神経の乱れによって、精神状態は非常に変化します。

特に、やる気が出ないや、落ち込みやすいといった症状が出やすいようです。

スポンサーリンク

アドセンス

ブルーライトは子供にも影響がある?

ここまで書いているので、影響があるのは既にお分かりだと思います。

で、大人と子供で違いがあるのか?

というと、違いはあります。
子供はドンドン成長していきますので、

成長に影響を与える場合があります。

特に、ブルーライトを多く浴びることで、

目が疲れてしまいます。

 

これは目から情報を得ている脳が疲れている状態でして、

脳が疲れてしまうと、勉強などをしても頭に入ってきません。

「物覚えが悪い」という状態になりかねません。
もちろん、前述のとおり、

視力に影響を与える可能性は非常に高いです。

 

 

※ブルーライトの影響を抑える対策※

ブルーライトの影響を抑える対策として、

ぜひ考えたいのが、スマホ画面やPC画面への対策

または、あなた自身の目の対策

 

 

この2つを考える必要があります。

スマホ画面やPC画面への対策は、

ブルーライトカットフィルムではないでしょうか。

 

ブルーライトのカット率は、

20~90%と幅広くあります。

もちろん、しっかりカットされた方が良いとは思いますが、

とりあえず使ってみたいという方は、

ブルーライト30%カットであれば、

100円ショップに売っています。

 

私も有明にあるキャンドゥで、100円で購入しました。

恐らく実感するほどの効果はありませんが、

結構気に入っています。笑
続いて、あなた自身の目の対策ですが、

これはブルーライトカットレンズを使用する。

というのが、一番良いのではないでしょうか。
PC用メガネは、

子供がゲームをするときや、

PCをする時、またはスマホを長時間見る時は、

ぜひつけてもらいたいものです。

実際に、眠れないときは、

スマホを見てしまう方が多いですが、

それが逆効果となって、眠れない場合が多いです。

眠れない時にブルーライトを浴びると余計に眠れなくなります。

 

ですので、そのような方は、

まずは100円ショップのモノでも良いので、

スマホの画面にブルーライトカットフィルムを貼ってみてください。
「100円ショップに行くのが面倒」
または、
「もっと効果があるやつが欲しい」
という方は、楽天で即日GET出来ます^^

以上です^^

 

アドセンス

アドセンス

-生活
-, , , , ,

Copyright© WMH(World Media Hirosuke) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.