生活

車に乗っている時の静電気対策!モノを使わずすぐ出来る方法をご紹介

更新日:

doanobu

今日は車を降りる時や乗る時に静電気が起きるのを減らすための対策を書こうと思います。

最近、私は車生活になっているのですが、
やはり静電気がパチッと来るのは辛いですよね。

出来ることなら、来ないようにしたいと思うモノです。

スポンサーリンク

アドセンス

静電気の原因

他の記事でも静電気の原因について話していますので、
サクッとおさらいです。

 

静電気が発生する理由は、
「乾燥」と「摩擦」です。

 

特に冬は乾燥する時期なので、静電気が発生しやすくなります。
ちなみに、夏は湿度が高いので空気中に

放電されるため静電気は発生しにくくなっています。
車に乗っているときに静電気が発生するのは、
シートに座っている時に、背中や太ももなどがこすれて、
静電気がたまっていくためです。

スポンサーリンク

アドセンス

車の静電気対策

何種類か静電気対策がありますので、ご紹介します。

 

手を濡らしてからドアノブを触る

手を濡らしてからドアノブに触れることで、静電気でバチッとくることはなくなります。

これは、手を濡らしておくことで、
静電気が空気中に放電されるためです。
ですが、手をずっと濡らしておくのは現実的ではないかも知れませんね^^;

 

手のひらで触る

これは根本的には静電気対策とは言えないかも知れませんが、
静電気の痛みを和らげることが出来ます。

静電気でバチッとくる所を、手のひらで触れるとピリッ程度になります。

「静電気痛ってぇ~」

ではなく、

「おふ!」

くらいになります。^^;

静電気の怖さは激減しますので、
参考までにどうぞ^^

 

地面を触る

これは賛否両論ありますが、私は結構良いと思っています。

というのも、靴によっては屈むこともありますので、
そのついでに、地面を触れば放電されて静電気がきません。

また、家から出た場合や、
学校、会社の駐車場ではコンクリートの壁などに触っておけば、
その時点で放電されます。

 

サクッと放電しておけば、
静電気の痛みもなくなります。
「地面を触るのはダサい」
という意見もありますが、そのあたりのコンクリートを触るだけならば、
車に行く直前などにちょうど良い場所がある場合もあります。

割とおすすめです。

 

静電気防止ブレスレット、シュシュ

静電気を放電してくれるシュシュやブレスレットなどもあります。

身に付けておくだけで、
少しだけ効果がありますので、
静電気を貯めやすい体質?というか生活習慣の方は、
使ってみると効果があると思います。^^

 

帯電するモノの使用を控える

車の中でジャケットやセーターなどを着ていると、
それだけ帯電しやすくなってしまいます。
そのため、帯電しやすいセーターなどではなく、
ひざ掛けなどを使って車では過ごし、
到着してから車の中でセーターやジャケットを着るようにすると、
静電気の発生を抑えることが出来ます^^
どうでしたでしょうか?

車に乗っているときの静電気対策をして、
快適な車ライフを送りましょう^^

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

追伸

車でのひざ掛け使用は、非常におすすめです。

彼女や奥さんを乗せる時もあると気の利く奴だと思われますよ^^

 

※関連記事のご紹介です。

静電気が多い場合の今すぐできる予防方法をご紹介しています。

> 静電気除去方法。服や髪の対策と今すぐできる予防 <

 

アドセンス

アドセンス

-生活
-, ,

Copyright© WMH(World Media Hirosuke) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.