婚約・結婚 旅行

【ドバイ(UAE)】素敵すぎる異国体験!ハネムーン旅行記(ブログ)

更新日:

こんにちは、ひろすけです。

ドバイ初日は、関西空港からドバイ空港に到着です。
到着時刻は朝の4時。

 

しかし、日本とは時差が5時間あるので、
飛行機に乗っていた時間は9時間くらいです。

1.Where is my baggage?

そこから、税関を出て行くのですが、
よく分からず歩いていると、
どうやらトランジットの方に行っていたようです。。。

 

Connectionと書いてあったのですが、
全然気付かず。。。笑

 

でも、他の方も同じく迷っていました。

「パニック」と言って、
荷物を探している方を発見しました。

そこから歩いて行くと、ようやく到着。

 

「Baggage」の文字はチェックが必要です。
その後、ドバイ空港で案内役のスシルと出会いました。

スシルから説明を受けた注意点などは、
「ドバイの注意点」記事に書いています。

 

> 【ドバイ旅行(UAE)】服装と注意点について <
※別タブで開きますので、戻って来れます。

 

スポンサーリンク

アドセンス

2.ドバイの砂漠のホテルに送迎車で移動

ドバイ空港から砂漠にあるホテルまで送迎車で移動です。
富豪の国、ドバイということもあり、
送迎車はレクサス!!

地味に、レクサスは初めて乗ったかもしれません。

 

やはり、お金持ちが多く使用するので、
車も高級車なんでしょうかね?^^

 

約1時間の車移動で、
ホテルに向かいます。

 

途中で、高速道路に乗るので、
シートベルトは必須です。

まず、海外では120キロくらいは普通に出すので、
シートベルトは確実にしておいた方が良いと思います。

 

3.ドバイのホテルに到着(バブアルシャムス)

 

IMG_0668

約1時間の移動を経て、ホテルに到着。

私はここで初めてホテルの名前を知りました。笑

 

Bab Al Shams Desert Resort and Spa

バブアルシャムスと言うらしいです。カッコいい。

言いにくいので「ババルシャム」と言ってました^^

 

ホテルは朝からチェックイン出来る様にしてもらっていたので、
到着後、すぐ部屋に入れました!

IMG_0677

地味に5つ星ホテルだったので、
最高のもてなしでした。

(正直、ホテルの情報は私は到着するまで知りませんでした。汗)

※Wifiも無料で使えるので最高に快適です。

 

ホテルは石の造りで異国間あふれる景観です。
もう、SNSとかに投稿したい方は最高でしょうね〜。笑

 

こちらはお風呂。

IMG_0675

こちらは洗面台。

IMG_0676

外は、40度の超高温
室内は冷房完備の20度くらいです。笑

 

水もありました。

IMG_0672

少し見えにくいですが、

ライトスタンドは靴の形をしています。

IMG_0669

ケトルと、コップなどの箇所は

レンガでオシャレな雰囲気となっています。

IMG_0680

果物がそのまま置いてあります。

マレーシアで出会ったイギリス人は、

リンゴをそのまま かじっていました。

今回は私もチャレンジです。

※手前のヤツは、ラフランスです。

IMG_0728

部屋から見せる景色です。

奥は砂漠ですね~^^

IMG_0671

外でくつろげるようになっていましたが、40℃なので出ることはありませんでした。

IMG_0673

部屋でくつろいでいると、
お店のスタッフさんが、やって来て、

「Congratulations!!」

という事で、
ハネムーンのお祝いをしてくれました。

 

何と、チョコケーキと、
ワインを持って来てくださいました!

全く聞いていなかったので、感動!
凄く嬉しく思いました。

が、疲れていたのか、すぐ寝ていました。笑

IMG_0678

 

軽く寝た後は、外の景色を確認です。

すぐそばは、砂漠です。。。

IMG_0688

 

どこまで、砂漠なのか調査。

ずっと砂漠です・・・笑

IMG_0699

 

スポンサーリンク

アドセンス

4.昼からプールへ

少し寝てしまっていたので、
起きてからはプールへ行く事に。

 

暑いので木陰を通っていきます。^^;

IMG_0716

 

プールに向かう途中に巨大なチェスを発見しました。^^

IMG_0721

 

プールはめちゃくちゃ日焼けするので、
日焼け止めは必須です^^;

IMG_0727

そして、私は靴で行ったのですが、
プールサイドが灼熱すぎて、裸足では歩けません。。。

ですので、ビーチサンダルは必須です。(@_@)

 

※プールサイドの床は、60度くらいあるんじゃないのかな?
炎天下でのプールは最高に気持ちがよいです。
しかも、異国間あふれる空間なので最高です!!

 

40分程度、プールで遊んでいたのですが、
それでも日焼けした感じです。
どうやっても、焼けてしまいますね。^^;

 

その後は、靴と水着を部屋に干していました。
靴はあまりに乾きにくかったので、
部屋の外に干しました。

太陽光が当たる場所は、非常に乾きやすいので、
乾かしたい場合は、部屋の外の日が当たる場所においておくと良いです。

 

 

シャワーを浴びて、
夕方からのキャメル(らくだ)とファルコンにふれあえるイベントまで、ダラダラしました。

室内で記念撮影をしました。w

IMG_0731

5.キャメルとファルコンにふれあう

17時からキャメルとファルコンとふれあう事が出来ます。

ふれあうと言っても、
キャメルは乗って少し歩く程度、
ファルコンは手に乗せるくらいです。

IMG_0752

そして、私は人生初のキャメルライドをしたのですが、
「らくだ。。。高い!!!」

約2mくらいだと思いますが、
らくだがめちゃくちゃ高くてビックリしました。
また、思ったより揺れるので、まったく快適では有りません。笑

 

しかし、写真も取ってもらったので、
思い出としては非常にGoodです。

 

ちなみに、らくだの皮膚に直接触れる場合は、
感染病などにかかる可能性があるため、
直接ふれる場合は、注意が必要です。

※ジカ熱とかね
今回は、らくだに布が掛かっていたので、
そのままでも大丈夫だと思い、キャメルライドに挑戦しました。

かなり貴重な体験だと思うので、
乗れる場合は乗ってみてください。
(※鳥取砂丘でも乗れるという噂もあり。笑)

 

キャメルライドの写真は、
プロのカメラマンが撮ってくれて、
気に入れば3000円で購入する事が出来ます
写真は、ホテルのフロント(レセプション)で受け取る事が出来ます。

 

私たちは、天気も良く、
一緒に乗ったので、撮ってもらう人もいなかったので、
写真の購入をしました。
かなり綺麗に、撮ってもらえたので、
思い出作りには非常に良いです^^

 

その後は、ファルコンを手に乗せる事にチャレンジです。
正確には、ファルコンが乗った布?見たいなのに、手を通します。
地味に怖いですが、おとなしくしてくれていたので、無事写真を撮ってもらえました。笑

 

何人かでいく場合は、撮り合い出来るので、
無料で楽しむ事が出来ますよ^^

 

スポンサーリンク

アドセンス

6.アラビアン・レストランへ

19時半からアラビアン・レストランへ向かいます。
ちょうど、19時30分が日没なので、
サンセットを見て行く事にしました。

IMG_0771

サンセットは若干曇っていて、
綺麗には見えませんでしたが、
それでもいい感じの雰囲気です。

 

プールサイドも夜は雰囲気が変わっています。

幻想的な雰囲気です。

IMG_0773

常夏感があります。

IMG_0770

ランタンがおしゃれですね。

IMG_0772

 

 

南国の木がいい味出してるのかも知れません。
その後、フロントでレストランに行くための、
ミニ・カーを待ちます

 

ミニカーに乗り、アラビアンレストランへ。
距離では、300mくらいだそうですが、
絶対、この車で行った方が楽しいです。^^

IMG_0791

そして、無事到着。
レストランの入り口でおしぼりをもらい、
料理の案内を受けながら、席に向かいます。

 

ココはバイキング形式ですので、
好きなものを勝手に取る制度です。

・タイ米のチキンライス
・海老のスパイシー焼き

何どを食べました。

IMG_0786

タイ米が思った以上に口に合わないと感じました。
料理は、ドバイよりも、クアラルンプールの方が合っていたなー。

 

IMG_0787

そして、アラビアン・ブレッドがテーブルに準備されており、
「好きなソースをつけて召し上がれ!」
との事なので、
適当にソースをつけてみることに。

 

・エッグプランツ(ナス)のソース

・・・ほげ!!!汗

 

・豆のソース

・・・ほ。。。

 

・おすすめのソース(良くわからないヤツ)

・・・ほげ!

 

ということで、
豆のソースで食べました。

私の味覚としては、全て不味い寄りでした。笑
なんか、ちょっと酸っぱい感じなんですよね。
少し苦手な味付けでした。

 

また、その他基本的に、
アラビアン料理の味付けは、
好みでは無いと分かったので、
サラダを食べて食事終了です。

 

こちらのレストランは、
バイキングだけではなく、
ショーもやっており、
ショーでは、客席に降りて来て、
カメラマンが写真を撮って行きます。

 

最終的に、欲しければ、
レストランを出た所で購入出来る様になっています

 

値段は聞いていませんが、
おそらくココも3000円だと思います。
その後、ホテルに戻り、
一日目は無事終了です。

 

2日目に続きます^^

2日目はドバイの都心部に移動して、ドバイモールを散策していたのですが、

途中でまさかのiPhneが壊れてしまい・・・

> ドバイ(UAE)旅行記(ブログ) 都心の噴水は死ぬまでに見たい場所 <

 

アドセンス

アドセンス

-婚約・結婚, 旅行
-, , , ,

Copyright© WMH(World Media Hirosuke) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.